糖尿病の方は注意

男性

ヘモグロビンa1cというものがあります。これは、血液検査に行くと検査結果の中に記されているものであり、血液の血糖状態を知る上では必要になってくる数値のことです。ヘモグロビンa1cは過去1~2ヶ月の血糖値を見ることが出来ます。この数値を見ることによって、糖尿病や肥満の状態を検査することができます。このヘモグロビンa1cは簡単に説明すると、ヘモグロビンがブドウ糖とが結合したものです。血液中の酸素を運んでくれる、赤血球に含んでいるヘモグロビンの色素は、ブドウ糖とくっつきやすい性質になってます。このヘモグロビンに含まれているブドウ糖をみていくことでヘモグロビンa1cの検査をすることができます。そして、このヘモグロビンa1cは、糖尿病ととても密接な関係性があるのです。高血糖状態が長い間続くと、血管の中の余分なブドウ糖が体の中の蛋白質と結合して、グリコヘモグロビンとなってグリコヘモグロビンの種類の一つであるのがヘモグロビンa1cです。

糖尿病などで血糖値の管理をしている方には知っておきたいものがあります。診療においてこのヘモグロビンa1cの表記が変わりました。日本糖尿病学会で、2012年4月1日から国際標準値を使用することになりました。これまで使っていた数値より0.4%高くなります。そのため、ご自分で血液検査をして血糖値の診断基準や血糖管理をするときには0.4%高くなってるので糖尿病や高血糖の参考にすると良いでしょう。